TOP │ メンバー紹介 │ プリ日記 │ W’s │ SS置場 │ 掲示板 │ TIMEに物申す │ リンク
CONTENTS

■プリ日記〜回想〜■

 

 
 

#+1

答え

 

あらすじ 〜とあるクランの物語〜

 
まったりクランの行く先は、どこにあるのか?

目標だったアジトを手にした後のクラン会議では

行く先を迷い、立ち尽くす王子がそこにいた。

 
この先どこへ向かえばいいのか?

みんなを導いていけるんだろうか?

そんな自分の弱さ、迷いを、クランの方向性の話に
すりかえてた事に気づかされた時。

目の前が真っ暗になった。

 
今までになく脆い王子の姿を見たみんなは、どんな気持ちだったんだろうか?

つまりは、自分がこれから何をしたいのか?

自分がリネージュを続けていくことの意味は?

正直、よくわからなくなっていた。

 
答えを探してみるよ、そう呟いた王子を、みんな静かに見守ってくれた。

例えるなら、夕暮れ。

王子は静かに、岐路に立たされていることを自覚した。

 
       ▼   △   ▼   △   ▼

 
そして時は流れた。

変わらぬ日々を送りながらも、王子はひたすら考え続けていた。

自分の進退問題までも含めて。。。

 
そしてようやく、答えにたどり着いた。

きっかけは、とあるクラン員の言ったヒトコトだった。

王子がリネでやりたい事、それは・・・

誰かが王子に言った。

「意味なんてなくたっていいじゃん!」

誰かが王子に言った。

「私にとっての居場所は、ココだから^^」

 
いつもここにある場所

 
素敵な響きじゃないか!

 
気づいたのは、自分が、そしてクランが誰かに必要とされているということ。

誰かにとっての居場所になっていたということ。

そんな当たり前のことに、今になってようやく気づく未熟な王子ですが

これからも、よりよい居場所となるように頑張っていきます!

・・・もちろん、みんなとね^^

2002/06/23 TIME拝

拙い文章でしたが、少しでもみんなに伝わることを祈ります

 

 

 

 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO